会社案内

沿革

 「松山産業株式会社」は、1963年の創業以来一貫して高品質なシート製品を提供し、業界の発展とともに社会に貢献出来るよう歩み続けて参りました。

昭和

昭和38年11月(1963年) 滋賀県甲賀郡土山町大字北土山1632番地に設立
建築養生シートの生産開始
昭和39年4月(1964年) 同地に第1工場1,240㎡を新設
昭和40年6月(1965年) 国鉄貨車シートを生産開始
昭和41年8月(1966年) トラック用ボディーカバーを生産開始
昭和42年11月(1967年) 滋賀県甲賀郡土山町大字北土山1702番地にハンプ製品製造工場1,480㎡を新設
営業部門を設置しハンプ製品の総合メーカーとして営業活動を開始
昭和45年3月(1970年) 日本エコンアルミ株式会社(八幡製鉄系)の協力会社として、アルミ製網戸を生産開始
昭和46年1月(1971年) 資本金を200万円に増資
昭和46年3月(1971年) 資本金を500万円に増資
昭和46年4月(1971年) 日鉄カーテンオール株式会社(新日鉄系)の協力会社として、日鉄アルミサッシを生産開始
昭和47年7月(1972年) 園芸用、農業用ビニールハウスを商品化
ハウス用ビニールの加工・販売を開始
昭和47年11月(1972年) アルミ製品製造工場1,700㎡を新設
昭和48年4月(1973年) 工業用大型テントハウスを商品化
昭和48年11月(1973年) カーポートを商品化
昭和49年8月(1974年) 稲作用苗代トンネルセット(ビニネット)を販売開始
昭和51年11月(1976年) 果樹園芸用大型ビニールハウスを商品化
昭和52年11月(1977年) ハンプ製品製造工場1,050㎡を増設
昭和53年5月(1978年) 関西アルミ株式会社(現アルメタックス株式会社)の協力会社としてプレハブ住宅用サッシの加工を開始
昭和54年1月(1979年) 灌漑施設、産業廃棄物施設用シートの加工・販売を開始
昭和54年6月(1979年) 滋賀県農業用ビニール商業会に加入
昭和54年7月(1979年) 一般建築業の登録(滋賀県知事 第30533号)建設事業を開始
昭和54年10月(1979年) 日本テントシート工業組合連合会(日帆工連)に入会
昭和55年4月(1980年) 滋賀県テントシート工業組合を設立
昭和56年6月(1981年) 果樹収穫加工施設を商品化
昭和58年8月(1983年) 二級建築士事務所を開設(滋賀県知事(ハ)第1386号)
昭和58年10月(1983年) 資本金1,000万円に増資
昭和58年11月(1983年) 子会社ユーサリース㈱を設立
昭和60年1月(1985年) 高速キャンバスシャッター「HSS」を商品化
昭和60年11月(1985年) TQC活動を全社的に推進
昭和61年12月(1986年) 大型高周波ウエルダーを導入
昭和63年10月(1988年) 一般電気工事事業登録(第050117号)一般電気工事事業を開始

平成

平成元年10月(1989年) アルミ加工工場180㎡を増築
平成 2年6月(1990年) 資本金2,000万円に増資
平成 2年11月(1990年) 子会社㈱ピヌスを設立
平成 3年4月(1991年) 耐雪型工業用大型テントハウスを商品化
平成 4年9月(1992年) 引張強度試験機、耐揉試験機を導入
平成 5年4月(1993年) 柑橘類予冷除湿保管庫(CA貯蔵庫)を商品化
平成 5年6月(1993年) 日本膜構造協会、日帆連膜センターに入会
膜体加工工場に認定(建設省東住指発第314号)
平成 7年6月(1995年) アルミ加工工場100㎡を増築
平成 7年7月(1995年) 野生動物侵入防止施設を商品化
平成 9年4月(1997年) 高速キャンバスシャッターをフルモデルチェンジし、ファーストキャンバスシャッター「昇之助」、「開王」を販売開始
平成 9年9月(1997年) 子会社ユーサリース㈱を㈱ユーサに商号変更
平成 9年10月(1997年) シャッター特機部を独立部門として設置
平成10年6月(1998年) 滋賀県甲賀郡土山町大字北土山1703番地に本社事務所を新設
資本金3,000万円に増資
平成19年3月(2007年) ISO14001取得
平成19年10月(2007年) 建設業 とび 土木工事業登録
平成23年8月(2011年) 防爆型グランドシャッター商標登録
平成24年11月(2012年)

資本金4,000万円に増資

平成28年2月(2016年)

新アルミ加工工場687.68㎡竣工

平成28年6月(2016年) 帆布工場を増床(第2工場)
お問い合わせ
ご相談はこちら
施工のご相談・設備の選定などのご相談は、お気軽にお問い合わせください。
ページトップ